音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

大雪警報が発令!関東甲信地方で注意喚起

皆さん、こんにちは!ホリです!

少し前から今日は関東でも警報級の大雪が降ると、

天気予報でも騒がれていますが、今のところはまだ大丈夫そうですね…。

Yahoo!ニュースには以下のような記事が出ていました。

内容を要約すると、こんな感じでした。

気象庁は、前線を伴った低気圧が本州南岸を東へ進むことで、
関東甲信地方で5日昼過ぎから6日午前にかけて大雪が予想されると発表。

・東京23区でも積雪が見込まれ、気温が予想より低い場合は、
23区を含む平地でも警報級の大雪になる可能性があるとの注意喚起がある。

国土交通省は、テレワークの活用などを通じて不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。

・6日正午までに予想される24時間降雪量は、以下のような感じ。
 関東北部の山地、甲信、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて20~40cm
 関東北部の平地10~20cm、関東南部の平地5~10cm、東京23区1~5cm

全日空日本航空は、5日午後に羽田空港を発着する計62便の欠航を決定。

国交省は冬用タイヤやチェーンの装備を徹底するよう運転者に促しており、
JR東日本も列車の大幅な遅れや運転見合わせが発生する可能性があるため、
最新の運転状況を確認するよう呼びかけている。

という感じで関東北部は結構積もるようで、
東京都内でも少し積もるほど雪が降るようです。

とはいえ、気を付けてと言われてもじゃあ実際どうすればいいのか…?

ちょっと調べて、まとめてみましたので参考にしてみてください。

雪の時に気を付けるべきこと

1. 車の運転に注意!

雪の積もった道路では車の制御が難しくなります。

冬用タイヤやチェーンの装着を忘れずに行い、

スピードを控えめにして安全運転を心掛けましょう。

急ブレーキや急ハンドルは避け、余裕を持って運転しましょう。

2. 歩行時の滑り止め対策

歩行中に滑ってしまうことがあります。

特に階段や斜面、凍結した路面には十分に注意が必要です。

滑り止めの靴底やアイゼンの使用、手すりを利用することで転倒を防げます。

3. 雪かきの際の姿勢と注意!

雪かきは慎重に行いましょう。

腰に負担がかからないように、膝を曲げた姿勢で行うと良いです!

また、雪かき中に過労や体調不良を感じた場合は、
無理をせず休息を取りましょう。

4. 屋根からの雪落とし

屋根に積もった雪が重くなると崩れる可能性があります。

雪が落ちる危険がある場合は、安全な場所に避難し、
専用の道具を使って雪を落としましょう。

5. 外出時の服装と対策

雪の日の外出時には防寒対策が必須です。

暖かいコートや手袋、帽子を着用し、
可能であれば防水のブーツを履くと良いです。

雪が積もっている場所では、滑りやすいため十分な注意が必要です。

雪の日には冷え込みやすく、様々な危険が潜んでいます。

これらのポイントに気を付け、慎重に行動することで、
雪の日も安全で快適に過ごせるでしょう!

 

特に需要な用事がなく、テレワークに切り替えられるならそうして、
どうしても出かけなければならない状況であれば、上記の内容を参考にして、
気を付けてお過ごしください…。何事もなく済むといいですね…!

それではまた、サヨナラ!

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!

↓ランキング参加中ですので、クリックして応援してください!



※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ