音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

2024年1月19日(金)のお風呂BGMセトリ

毎日音楽を聴きながらお風呂に入っているので、その時に聴いている曲を紹介します。
今日のセトリはこちら!

1. Wasted Nights / ONE OK ROCK

2. ギブス / BLUE ENCOUNT

3. My Hero / MAN WITH A MISSION

4. BORN TO BLEED / coldrain

5. abnormalize / 凛として時雨

6. MUKANJYO / Survive Said The Prophet

7. Wipeout / Crossfaith

8. slip of the lip / fact

今日は邦楽ロックの名曲を選曲しました!

~聴いた感想~

1曲目の「Wasted Nights」はロックバンドONE OK ROCKの9thアルバム「Eye of the Storm」収録曲で、実写版映画「キングダム」の主題歌に起用されました。
「キングダム」の世界観に合わせているからなのか、コーラスワークや迫力のあるドラムサウンド、力強い歌声、明けない夜はないという歌詞などに表れている通り、バンド史上壮大なスケール感のある曲とMVに仕上がっています。
「Eye of the Storm」は今までのロックなワンオクではなく、ポップなワンオクになっているので賛否両論が巻き起こったのですが、ライブでバンド演奏を通して聴いてみるとすごくライブ映えのする楽曲ばかりなので、僕はワンオクで好きなアルバムの内の1枚だと思っています。とても勇気と元気の出る一曲です!

2曲目の「ギブス」はロックバンドBLUE ENCOUNTの10thシングル「バッドパラドックス収録曲で、椎名林檎の名曲をカバーしたものになります。
女性が歌っている曲なので当然キーは男性キーに合わせていますが、原曲よりも更に悲しみが増したように思えます。
ボーカル田邊の洋楽的なニュアンスでの歌い方にとてもマッチし、完全にバンドの曲と化しており、もはや別の楽曲にすら思えてきます!

3曲目の「My Hero」はロックバンドMAN WITH A MISSIONの8thシングル曲で、アニメいぬやしきの主題歌に起用されました。
突如機械の身体となってしまった2人の人間の話で、その内の1人獅子神がその身体を使って大量殺人をするという暴走をし、もう1人の犬屋敷は獅子神の暴走と地球を守るために闘うという壮大なスケール感の話に合わせてか、ミドルテンポでドラムロールとストリングスと重低音たっぷりのバンド演奏が織りなす緊張感のある壮大な曲に仕上がっています。
ボーカル・ギターのJean-Ken Johnnyの高い音域で歌いあげる歌声重低音たっぷりのサウンドで繰り出されるベースソロがめちゃくちゃカッコいいです!

5曲目の「abnormalize」はスリーピースロックバンド凛として時雨の2ndシングル曲で、アニメPSYCHO-PASS サイコパスの主題歌に起用されました。
凛として時雨と言えばこの楽曲を挙げる人が多い程、この曲は彼らにとっての代表曲だと思います。
もはや金切り声にも思える程の高音の歌声とコーラスとシャウト締まりのあるベースサウンドタイトでキレの良いドラムサウンドが織り交ざり、緊張感とスピード感が共存した楽曲となっています。
まだラウドロックがほとんど浸透していない時代に、ここまで攻めに攻めた音楽をやっていたのは凛として時雨ぐらいだったのではないでしょうか?今聴いてもギターサウンドが革新的で、ボーカルも唯一無二の存在です!

6曲目の「MUKANJYO」はロックバンドSurvive Said The Prophetの13thシングル曲で、アニメヴィンランド・サガの主題歌に起用されました。
自身の虚しい感情を爆発させたような歌詞と歌い方、そして絞り出すような声でのシャウトが感情剥き出しで疾走感が溢れながらも心に突き刺さるような楽曲に仕上がっています。
彼らはロックを主軸にしながらも、エモやポップス、ハードコアなど様々なジャンルを合わせたような自由なサウンドがとてもカッコいいです。心の叫びにも近いようなシャウトがすごく心に訴えかけてきます…。
既に活躍はしていますが、これからもっともっと海外での活動も視野に入れてよりワールドワイドにアグレッシヴに活動してほしいと思います!

7曲目のWipeoutメタルコアバンドCrossfaithの4thシングル曲です。
彼らはメタルコアバンドですので、どの楽曲も全編シャウト・デスボイスで歌い上げたり重低音とエレクトロなサウンドが融合した重厚感たっぷりのサウンドとダークな世界観が特徴的です。
ですが、この楽曲は今までの楽曲とは打って変わって、クリーンボイスとシャウトが織り交ざった疾走感たっぷりな楽曲となっており、珍しく前向きな歌詞が綴られています。
それでも重厚なサウンドは失われていないのは、ドラムのTastsuyaによる力強い迫力満点の演奏のおかげだと思います!
ドラム大会での優勝経験があり、Crossfaithのライブではドラムソロの時間が設けられ、
TK from 凛として時雨のサポートメンバーを務め、最近ではYOASOBIのサポートメンバーに抜擢される程の実力者です!
Youtubeに彼のドラム演奏動画が多数アップされていますので、是非ご覧ください!

8曲目の「slip of the lip」はロックバンドFACTの2ndアルバム「In the blink of an eye」収録曲です。
全編ほとんどクリーンボイスで歌い上げられており、印象的なギターリフと素早いドラムのビートが気持ち良い目まぐるしいテンポで突き進む疾走感たっぷりの楽曲となっております。
FACTと言えば、現在日本のメインシーンで活躍しているラウドロックバンドの原点と言っても過言ではない程の存在のバンドです。それほど日本のラウドロックシーンを創り上げた伝説のバンドです!
日本よりも海外での活動が多かったのですが、そのおかげか音がとてもクリアで綺麗なんです!
惜しまれつつも2015年に解散してしまったのですが、
まだまだ勉強不足なので時間がある時に聴き込みたいと思っているバンドの内の1つです。

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!
また、今回紹介した曲が良かったらぜひいいね・コメント・共有をお願いします!
↓ランキング参加中ですので、クリックして応援の程よろしくお願いします!



VENAII 通常盤(CDのみ)

VENAII 通常盤(CDのみ)

Amazon
abnormalize

abnormalize

Amazon
WIPEOUT

WIPEOUT

Amazon
best+ 2009-2015

best+ 2009-2015

  • アーティスト:FACT
  • Maixmum10
Amazon

※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ