音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

2024年2月3日(土)のお風呂BGMセトリ

毎日音楽を聴きながらお風呂に入っているので、その時に聴いている曲を紹介します。
今日のセトリはこちら!

1. 愛をこめて花束を / Superfly

2. 花 / ORANGE RANGE

3. 君という花 / ASIAN KUNG-FU GENERATION

4. 花になれ (Ryu-Take 2023 ver.) / flumpool

5. 花一匁 / BURNOUT SYNDROMES

曲名に「花」とつく楽曲を選曲しました! 

~聴いた感想~

3曲目の「君という花」はロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの2ndシングルの表題曲です。
彼らの代表曲と言えば、「遥か彼方」「リライト」ソラニンなどアップテンポなものが多いイメージだと思いますが、この曲や「ブラックアウト」ムスタングなどミドルテンポの曲でも名曲が多いんです!
アップテンポな曲の歌詞は風刺的であったり、エモーショナルな内容であったりしますが、ミドルテンポの曲の歌詞は文学的なものが多い気がします。
それでもなんだか不思議と癒される感じがするんですよね~。決してバラードではないんだけど、伸びやかなギターの音色と引き締まったベースの音、リズミカルなビートを刻むドラムの音、気だるげな歌声が心地良くてとても好きです!

5曲目の「花一匁」はスリーピースロックバンドBURNOUT SYNDROMESの3rdシングルの表題曲で、アニメ銀魂の主題歌に起用されました。
銀魂の舞台が一応江戸時代にあたり、この曲が器用された頃の話としては、主人公の坂田銀時が仲間と共に宇宙規模の戦争に参加して戦うといった感じの内容なのですが、そういった背景に合わせてか武士道を連想させるような歌詞が綴られており、「和」を感じる楽曲となっております。
彼らの存在はアニメハイキュー!!の主題歌に起用されていた時でしたが、その曲とこの曲しかまだ知らないのですが、特徴的な歌声とノリが良くて力強いビートを刻むドラムの音が特徴的なパワフルなサウンドが特徴の勢いのあるバンドという認識でした。
他の曲も聴いてもっと勉強していきたいと思います!

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!
また、今回紹介した曲が良かったらぜひいいね・コメント・共有をお願いします!
↓ランキング参加中ですので、クリックして応援の程よろしくお願いします!



君という花

君という花

Amazon
花一匁

※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ