音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

大阪万博の"2億円トイレ"問題は本当に問題か?

皆さん、こんにちは!HORIです!

今回は悪い意味で話題になってしまっているこの件について取り上げたいと思います。

 

騒動の概要

2025年に開催される大阪・関西万博では、40カ所の公衆トイレのうち8カ所に、若手建築家が設計するデザイナーズトイレが設置される予定です。

その中には、便器の数が50~60個からなる大規模なトイレが2カ所あり、それぞれの設備費用が約2億円かかると言われています。

この"2億円トイレ"は、会場建設費が当初の約2倍にまで膨らんだ2350億円の中で物議を醸しています。

大阪府の吉村洋文知事は20日の会見で、「建築家が新しい建築技術や建築価値観をトイレに取り入れ、通常の公共のトイレと比べても単価で言えば変わらない」と述べました。

一方で、街からは賛否の声が上がっており、

「"トイレの博物館"として見に行くならお金をかけるべきだが、わざわざトイレに2億円をかける意味がわからない」

という意見がある一方、

「行ってみたい!トイレを見に、2億円のトイレを」

という興味津々な意見もあります。

また、石川県の馳浩知事は、関西万博の開催を強く支持しており、能登半島地震で被害を受けた石川県の復興を優先しつつも、万博の開催に賛成の立場を取っています。

石川県は2024年度当初予算案に、万博関連で国際文化交流を進める事業費として1000万円を計上しており、馳知事は大阪万博の旗振り役である日本維新の会の顧問も務めています。

ただし、馳知事は馬場代表や松井前代表、吉村大阪府知事橋下徹氏と古い友人であることを明らかにし、意思決定には参加しない顧問の立場であることを強調しています。

といった内容です。

2億円という金額は高額か否か?

トイレと言うと、用を足す場所であるため、デザイン性の必要ないのものであり、「たかがトイレで2億円という金額は高額ではないか?」と、もっと削減するべきだと思うのが一般的な感覚なのかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

真偽のほどは分かりませんが、吉村府知事も「通常の公共トイレと単価で言えば変わらない」と述べていますし、我々一般庶民にとっては公共トイレの単価を知る由もありません。

また、記事内では通常の公共トイレの単価が記載されていないため、客観的なデータに基づいた批判ではありません。

そして、大阪万博という世界中から来場し、国際的に注目されるイベントにおいて、プロモーションの一環としてトイレをデザイン性のあるものにして、それによって更なる経済効果を見込めるということであれば、2億円という金額は適正な金額で、むしろ安いぐらいの可能性もあるのではないでしょうか?

この騒動では、"2億円"という大きな単位の金額が独り歩きをしていて、その金額に目がくらんで感情論で批判をしている状況のように思えます。

間違った優先事項

"2億円トイレ"よりも問題とすべきことは、石川県の馳浩知事の考え・行動です。

今年の元旦に能登半島沖にて大地震が発生したことが記憶に新しく、今でもなお現地の被災者は辛い思いをしながら避難生活をしているという状況の最中で、石川県が2月15日に発表した令和6年度予算案には「大阪・関西万博を見据えた国際文化交流の推進」の予算として、1000万円が計上されているとのことです。

他県や他国であるならともかく、石川県は能登半島沖地震に関連しかなく、特にそのことについて注力を入れなければならないにも関わらず、呑気に万博のために1000万円も予算を計上するという行為は、今一丸となって助け合わないといけない状況で取るべき行動ではないのは明白で、「何たる薄情な知事だろうか」と驚嘆しました…。

お世話になっているということで計上するのは分からなくもないですが、優先事項というものがあることぐらい想像できないものでしょうか?

自民党の裏金問題と言い、今回の石川県知事の行動と言い、国民のために・地域のために・日本のために想像力をはたらかせて行動できないものでしょうかね…。

随分と日本の政治家たちは自分勝手で薄情で冷たい人たちなのだと悲しくなりました。

以上となります。

他にも最近のニュースについて触れていますので、是非他の記事もお読みください。

それではまた、サヨナラ!

  

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!
↓ランキング参加中ですので、クリックして応援してください!



※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ