音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

2024年3月11日(月)のお風呂BGMセトリ

毎日音楽を聴きながらお風呂に入っているので、その時に聴いている曲を紹介します。
今日のセトリはこちら!

1. 白昼夢 / UVERworld

「白昼夢」はロックバンドUVERworldの6thアルバム「LIFE 6 SENSE」収録曲
です。

ストリングスの音とアコースティックギターの音が前面に出たロックバラードとなっております。

ボーカルのTAKUYA∞によって、嫌な出来事を忘れさせる歌ではなく、嫌な出来事にも立ち向かっていける歌として、作詞をしたそうです。

この空のように 君を包みたいよ
消せやしない 何もかもの

戦いの日々で時として僕らは 一人で立ち上がらなきゃいけない
そんなときも君のどこかで この歌が流れて強く生きてほしい

夜空の月は満ち欠け 星も見えない
そんな闇の中でも 明日を照らす 君と共にある歌を

といったフレーズが並びますが、普段は力いっぱい背中を押してくれる彼らですが、
この曲では深い愛情とこの曲が希望の歌になってほしいという願いが込められており、
TAKUYA∞人間性がよく分かると思います。

嫌なことを忘れるのではなく、立ち向かうということはとても辛く大変なことですが、とにかく大声で想いを届けようと歌っている歌声を聴くと、とても励まされます。

 

ALL TIME BEST(通常盤)

ALL TIME BEST(通常盤)

Amazon

 

2. VANITAS / DIR EN GREY

「VANITAS」ヴィジュアル系ロックバンドDIR EN GREYの8thアルバム
DUM SPIRO SPERO収録曲です。

歌詩は震災で亡くなったファンたちに向けて書かれており、タイトルの「VANITAS」は「人生の空しさの寓意」を表す静物画であることから、自然の脅威を目の当たりにして何もできない虚しさ、失ってもう戻ってこないという虚しさを表しています。

しかし、終盤では

この日が素晴らしき日でありますように

足を止めず向かう先で逢えるから

少しの希望も託していますし、また必ず逢えるからという強い約束がとても優しい
人柄が出ています。

彼らの曲は暗い内容ばかりですので、こうしたちょっとした光がとても大きな希望と
なります。

どのバラード曲よりも心を動かされ、胸をとてもかき乱されます…。

また、京のハイトーンな歌声がとても胸を締め付けられますし、ツインギターのギターソロがとてもエモいです…。

彼らの想いは生半可なものではないことが伝わると思います。

僕たちも生半可な気持ちで震災を扱ってはいけないと思い知らされます…。

 

DUM SPIRO SPERO

DUM SPIRO SPERO

Amazon

3. C'mon / B′z


www.youtube.com

4曲目の「C'mon」はロックユニットB'zの18thアルバム「C'mon」収録曲です。

アコースティックギターの演奏が前面に出たロックバラードとなっております。

大切なものなくしても
まだ君と僕がいるなら

もう一度笑いあおう 愛しい人よ
掠れそうな声でいい 聞かせて
止まらない それだけで生まれるチャンス
口笛でも吹きながら
ゆっくりでいい さあ行きましょう C'mon

1人じゃ何もできない 今ごろ 知らされる

愚痴ってもいいよ
疲れすぎたなら

と普段のB'zであれば、「頑張れ!」と背中を力強く応援するところですが、この曲
では、「1人じゃ無力だけど、みんなで少しずつでも弱くても肩の力を抜いてもいいから共に歩いていこう」と一緒になって優しく寄り添ってくれています。

こうした彼らの優しさが本当に本当に素晴らしいなとただただ感心するばかりです。

 

4. wild flower / L'Arc〜en〜Ciel

曲の詳細および感想については、以前に書いていますので、そちらをご覧ください!

 

BUTTERFLY(通常盤)

BUTTERFLY(通常盤)

Amazon

 

5. ワンモアタイム / ポルノグラフィティ


www.youtube.com

ワンモアタイムはロックユニットポルノグラフィティの33rdシングルの表題曲
です。

アップテンポで疾走感溢れるロックとデジタルなサウンドが融合したナンバーとなっております。

どうしようもない現実を目の当たりにした葛藤を綴りながらも、信じる心についても
綴っており、ただ頑張ろう!と言うだけでなく、「人から与えられた優しさや勇気を他の人にも未来のためにも繋いでいこう」と言ってくれています。

無責任に頑張ろう!ではなく、みんなへ繋ごう、未来へ繋ごう、その場限りではなく、先へ次へ繋げようと想うところが彼ららしいなと思いますね。

 

 

6. 君がいない、あの日から… / Acid Black Cherry


www.youtube.com

「君がいない、あの日から…」は元Janne Da Arcyasuのソロプロジェクト
Acid Black Cherryの18thシングルの表題曲です。

ABCの曲はエロいという意味で過激なものが多い印象ですが、特にこの曲は他の曲たちとはまったく違い、とてもシリアスな内容となっております。

というのも、震災で亡くなってしまったファンのことを想った曲であるからです。

ロックな鎮魂歌とという印象のこの曲ですが、泣きのギターソロがとにかく素晴らしいです。

それとハイトーンで感情剥き出しのストレートな歌声もエモすぎます…。

邦楽界で一番といっても過言ではないほどの出来だと思います。

こんなにもファンを愛してくれるyasu人間性というのが滲み出ている曲です。

もう二度とこんな悲しみが生まれてほしくないと思わされますが、自然の脅威を前に
すると人間はとても無力です。

その日が来ないことを強く祈りながら願いながら、今いる人たちを大事にしながら、
生きていきましょう…。

 

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!

また、今回紹介した曲が良かったらぜひいいね・コメント・共有をお願いします!

↓ランキング参加中ですので、クリックして応援の程よろしくお願いします!

※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ