音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

2023年10月29日(日)のお風呂BGMセトリ

毎日音楽を聴きながらお風呂に入っているので、その時に聴いている曲を紹介します。

今日のセトリはこちら!

2023/10/29 お風呂Setlist

 

1. 最深部  / back number

 

 

 

 

2. エメラルド / back number

 

3. ベルベットの詩 / back number

 

4. then / back number

 

 

5. エキシビジョンデスマッチ / back number

 

 

 

6. 大不正解 / back number

 

 

 

7. 青い春 / back number

今日はロックなback number特集にしてみました。

〜聴いた感想〜

back numberと言えば、「高嶺の花子さん」や「ハッピーエンド」などといった恋愛ソングや失恋ソングがヒット曲にありますが、忘れちゃいけないのは彼らはロックバンドということです。もちろん、恋愛ソングも失恋ソングも良いのですが、ロックな曲もそういった曲たちと同じぐらい名曲揃いなんです!

2曲目の「エメラルド」はドラマ「危険なビーナス」の主題歌ということで、恋愛ソングっぽい感じですが、それ以外は1曲目の「最深部」なんかは疾走感たっぷりの曲で自分自身の内面について歌っていますし、5曲目の「エキシビジョンデスマッチ」は皮肉めいた歌詞になっています。

3曲目の「ベルベットの詩」は映画「アキラとあきら」の主題歌になったということもあり、内容に合わせて人生観について歌っているような感じです。ミドルテンポでのシリアスな曲はなかなか珍しいと思います。シリアスな曲はアップテンポな感じが多いんです。

4曲目の「then」は荒々しい感じがすごいです!歌い方も半分投げやりのような感じの歌い方でロック全開!って感じがします。カッコいい!

5曲目の「エキシビジョンデスマッチ」はストリングスの音が入っていて、より疾走感が際立つようににっていて、6曲目の「大不正解」はイントロのギターリフが印象的な感じで、最後の「青い春」は社会への反骨心がある歌詞で憂いのあるサウンドでやさぐれたロックな感じがします。

といった感じで、ロックなback numberの曲も聴きどころがたくさんあって中々面白いです!皆さんもロックバンドとして今一度聴いてみてください!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ