音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU

2024年3月4日(月)のお風呂BGMセトリ

毎日音楽を聴きながらお風呂に入っているので、その時に聴いている曲を紹介します。
今日のセトリはこちら!

1. Hello, world! / BUMP OF CHICKEN


www.youtube.com

「Hello, world!」はロックバンドBUMP OF CHICKENの24thシングルの表題曲で、
アニメ血界戦線の主題歌として書き下ろされました。

歌詞はアニメの内容と作詞した藤原基央自身の心境をリンクさせた内容でありながら、
迷いながらも自分で決断して切り開いて前に進もうとする様子も描いています。

疾走感溢れるロックンロールな曲調と歌詞の内容の相乗効果で、エネルギッシュで
パワーが溢れる曲となっております。

初めは少し気怠く暗い感じではあるものの、サビでパーッと開けるようになる展開
希望に溢れて、「頑張ろう!」という気持ちにさせてくれて、戦おうとする私たちを
奮い立たせてくれます!

 

Butterflies (通常盤)

Butterflies (通常盤)

Amazon

 

2. Dororo / ASIAN KUNG-FU GENERATION


www.youtube.com

「Dororo」はロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの26thシングル
「Dororo/解放区」の表題曲で、アニメどろろの主題歌として書き下ろされ
ました。

妖怪に奪われた自分の身体の一部を取り返すために戦う百鬼丸の目線で書かれた歌詞
になっており、疾走感溢れるアジカンらしいギターロックとなっております。

ダークな世界観であってもしっかりと彼ららしい音楽性も失われていないところが、
さすがは数々のアニメ主題歌を担当してきただけあると思います!

 

 

3. ROB THE FRONTIER / UVERworld


www.youtube.com

「ROB THE FRONTIER」はロックバンドUVERworldの35thシングルの表題曲で、
アニメ七つの大罪 神々の逆鱗』の主題歌として書き下ろされました。

タイトルのROBは「奪う」、FRONTIERは「国境、辺境、最先端、未開の領域」を意味していますが、歌詞を見ると、「何にも縛られずに、どんどん開拓していけ!」という
内容になっていますので、「未開の領域を奪う」という意味合いかと思います。

アニメと歌詞の内容に沿ったかのように、尖ったギターサウンドと抜けのいいドラム
サウンドが心地良い、疾走感溢れるロックアンセムとなっております。

ウーバーらしい歌詞とサウンドに自然と心がアツくなってきて、エネルギーに満ちた
自分になれる曲です!

 

UNSER (通常盤)

UNSER (通常盤)

Amazon

 

4. database(feat. タクマ) / MAN WITH A MISSION


www.youtube.com

「database (feat. タクマ)」はロックバンドMAN WITH A MISSIONの3rdシングルの
表題曲で、アニメログ・ホライズンの主題歌として書き下ろされ、10-FEET
TAKUMAフューチャリング相手として迎えた曲になております。

歌詞はアニメの内容に沿っており、反逆者となって複雑かつルールに縛られたこの世界と言う名のシステムをぶっ壊してやれといった内容になっております。

彼らのメンバーにはDJがおり、曲によってはラップが入っている曲もありますので、
ミクスチャーロックっぽいのですが、10-FEETのTAKUMAのラップによってさらに
ミクスチャーロック感が増していて、ヘヴィなサウンドとの化学反応によって、重厚な
ミクスチャーロックになっています!

3rdシングルにして、既に彼らの存在感を見せつけた1曲となっております!

 

 

5. RAGE OF DUST / SPYAIR


www.youtube.com

曲の詳細および感想については、以前に書いていますので、そちらをご覧ください!

 

BEST OF THE BEST (通常盤)

BEST OF THE BEST (通常盤)

  • アーティスト:SPYAIR
  • SMAR
Amazon

 

6. Bloody Power Fame / coldrain


www.youtube.com

「Bloody Power Fame」はロックバンドcoldrainの7thアルバム「Nonnegative」収録曲で、アニメBASTARD!! —暗黒の破壊神—』の主題歌に起用されました。

曲はギターサウンドがとても目立つ、ハイトーンで力強い歌声が特徴的な激しくラウドなナンバーとなっております。

彼らの楽曲はほぼ洋楽のような、クールさとラウドさが共存した印象がありますが、
この曲は漢臭いパワフルな曲だなぁと感じました。

 

 

7. The Rumbling / SiM


www.youtube.com

 「The Rumbling」はレゲエパンクバンドSiMの配信限定曲で、アニメ進撃の巨人   The Final Season Part2』の主題歌として書き下ろされました。

タイトルは「地ならし」を意味し、巨人の大群が地表を歩きながら地ならしをする様
その行動に恐れおののく人々の心情を表現した歌詞ストリングスがシリアスさを醸し出し、重厚感のあるバンドサウンドと合わせた曲になっております。

彼らの表現力を日本だけでなく、世界中に知らしめた曲となっております。

アニメの内容を知らなくても、曲のタイトルと歌詞と曲から巨人たちが襲ってくる
という恐怖感が十二分に伝わると思います。

まさしくそうした様子を見事に表現できたことが、彼らにとって大事な糧となったと
思います!

 

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!

また、今回紹介した曲が良かったらぜひいいね・コメント・共有をお願いします!

↓ランキング参加中ですので、クリックして応援の程よろしくお願いします!

※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ