音楽好き筋ジス患者HORIの正直ブログ

好きな音楽と日々とニュースについて発信しています!

MENU <

人生初の入院の経緯と手術 ~側弯症との決別~ #筋ジストロフィー

皆さん、こんにちは!HORIです!

今回は人生初めての入院について綴ろうと思います。

 

 

入院をすることになった経緯

人生初めての入院をしたのは高校2年生の16歳の時でした。

自己紹介でも過去の記事でも僕は筋ジストロフィーを患っていると公言しましたが、
その病状が悪化したことによるものではなく、側弯症という背骨が湾曲する病気を
発症したことによるものでした。

背骨が湾曲すると必然的に身体も常時傾いた姿勢となってしまうのですが、どれぐらい湾曲していたかと言うと、左の胸と脇腹がくっつきそうなほどでした。

さすがにそのままはマズいので、手術をすることになりました。

手術の方法は、背中を大きく切り開いて背骨にチタンの棒を支柱として固定させる
といった感じでした。

背中を大きく開くとなると、その分出血もすごいことになるので、事前にちまちまと
自分の血を採血して溜めていたので、輸血の際は感染症等の心配がなくて安心でした。

手術時間が8時間もかかり、痛みが引くのと棒が馴染むまで時間を要するので、術後は
1ヶ月の入院が必要だったため、夏休みに入院をすることになりました。

 

人生初の手術と初めての一人の夜

もう15年の前のことなので正直覚えていないことがほとんどですが、今でも覚えているのが手術をする時に、全身麻酔がちゃんと効くのか不安でしたが、3つ数える前にすぐ意識がなくなって、気づいたら手術が終わって手術室から出るところでした。

あまりにも一瞬のことだったので、全身麻酔のすごさを実感したのも束の間、僕はICUに通されていました。

その日だけは親も部屋には入れなかったので、人生で初めて1人きりでの入院でした。

もう高校生にはなっていたものの、1人で過ごすのはものすごく不安があったので、
夜になったら看護師さんに少しの間手を繋いでもらって安心させてもらっていました。

ICUには1日のみの滞在だったので、そこからは個室の病室に移動となりました。

まだ痛み止めの効果があったので、術後でもまったく痛みは感じなかったので、
特に辛いことはなかったのですが、今まで身体が傾いた状態が普通だったのが、
急にまっすぐになったことによって、今までのようには思うように身体が動かなかった
ことがとても違和感を覚えました。

 

入院とお見舞いの日々

それからは入院の日々がスタートしました。病室には毎日母が来てくれました。

当時はまだヘルパーさんを導入していないので、身の回りのお世話をしてくれました。

術後しばらくは尿道カテーテルが入っていましたし、シャワーもしばらく浴びれない
状態でした。

どこもそうだとは思いますが、病院の食事はどれも薄味で微妙なメニューも多いので、
こっそりケンタッキーを買ってきてもらってそれを食べて、両親が病院食を食べる
ということもしましたし、家からWiiを持ち込んで当時ハマった戦国BASARA3
よく遊んだり、PCを持ち込んで当時買ったCDを取り込んだりしていましたw

今思うとめちゃくちゃやってたと思いますし、看護師さんからも「(家庭用)ゲーム機を
持ち込んだ人は見たことがない」と驚かれていましたw

両親だけでなく、当時通っていた学校とロンドン日本人学校の時の友達もお見舞いに
来てくれました。

漫画好きの友達はオススメの漫画を持ってきてくれたり、ワイワイと談笑をしたり、
挙句の果てには僕が寝ている横で戦国BASARA3を遊んだりしていましたw

痛み止めの効果が切れると、激しい激痛に襲われた以外は特に大きなトラブル等は
なかったと記憶しています。

ただ、今でも覚えているのが、まだシャワーを浴びれない時は清拭してもらっていた
のですが、その時に屈強な男性の看護師に陰部を拭かれて、思わず反応してしまった
ことがとても気まずくて、なんとも言えない気持ちになりました…。

楽しみもあまりなかったので、たまにくるかわいい看護師さんが唯一の楽しみだった
と言っても過言ではなかったかもしれません…w

1ヶ月ほどで退院をして、家に帰った時には当時まだ一緒だったロビンが僕の近くに
来て、寄り添ってくれたことを今でも覚えています。

普段はそこまでベッタリしないのですが、久々の再会で何かを察してくれたのだと
思います。

 

近くで寄り添ってくれていたロビン

 

夏休み明けは普通に登校して、当時の担任の先生からクラスのみんなへ僕が手術をした
ことをアナウンスしてくれたのですが、大体が「ふーん」という感じでした。

そんなわけで人生初めての入院はあっけらかんと終わりを告げました。

あの時手術をしてくれた先生には感謝しています。

背中には大きな手術痕があるものの、おかげ様で今もちゃんと機能してくれています!

 

おわりに

さて、そんなこんなで人生初めての入院・手術はいかがだったでしょうか?

みなさんも今までに入院・手術を経験したことはありますでしょうか?

なるべくなら経験しないほうがいいのですが、もしありましたらコメント等で

教えてください。

 

それではまた、サヨナラ!

--------------------------------------------

「読者になる」を押して頂けますと、ブログ更新のお知らせがメールで届きますので、ぜひクリックをお願いします!

↓ランキング参加中ですので、クリックして応援してください!

※このサイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

\モチベーション維持のために、応援のほどお願いします!/
ブログランキング・にほんブログ村へ